雑記(主に政治や時事について)

日々の雑感。政治色が高い目。

森友学園・加計学園

日大アメフト部問題で注目される「危機管理学部」について

日大アメフト部の危険タックル問題で、左側の人達の中から、下記のようなことを言う人達が散見される。 たしかにこの問題は、下記のようにモリカケと構造的に似た問題であり、「安倍化」と言いたくなるのもわかるが、少なくとも自分は「安倍化」とは捉えてい…

森友学園を巡る話は「野望の王国」と変わらないレベルのところに来ている

3/27、佐川の証人喚問が行われた。今後刑事訴追を受ける可能性もあることから、当然の展開というか、殆どが証言拒否という展開だった。 当然の権利を行使したまでといえばそうなのだが、この証人喚問で明らかになったことは殆どない。決済当時の理財局長だっ…

本人の証言を待たずして、安倍昭恵の関与が確定となった

昨日の参議院予算委員会にて、基本的に安倍晋三内閣総理大臣、及び安倍晋三衆議院議員は死亡しました。本人にはその自覚ないので、まだ辞めないと思うけど。 www.asahi.com 「決裁文書に昭恵の名が書かれている」の意味を理解しているのか? 決裁文書とはな…

朝日の森友文書改竄問題報道に対するネトウヨのカンカン踊りをまとめてみました

今となっては大変笑えるヘッダの写真。朝日のスクープ以来、上記のような文章がTwitter上を踊り狂い、焼けた鉄板の上でネトウヨがカンカン踊りをしているような様であったが、下記の報でそれもほぼトドメといった情勢になるはずである。 www.sankei.com そん…

森友文書改竄問題は、流石に日本の民主主義の生死がかかってるだろう

朝日新聞の衝撃のスクープにより、国会は一気に急展開を迎えた。 はっきり言ってこれまで出てきた安倍政権のいろんな問題は、まあ言ってしまえば(少なくとも表面上は)総理大臣としての良識の問題であったり、政策に賛否があったりなどの問題でしかなかった…

佐川国税庁長官の汚い出世の報い

今、ある意味日本で最も悲惨な針のむしろの上に座っている人は、彼なのではないかと思う。佐川国税庁長官のことである。 headlines.yahoo.co.jp 日本の官僚の歴史の中で、これほど露骨な「論功行賞」による人事で出世した(ように見える)者はないだろうし、…

リニア建設談合とモリカケ(日本社会は何故不正と手を切れないのか)

このところ忙しく、2週間も記事の間隔が空いてしまった。リニアの入札不正問題について、思うところがあるので久々に書いてみようと思う。 リニア建設という世紀の大事業に、もちろん大手ゼネコンが噛んでいるわけだが、そこで予想通りというか、ゼネコン同…

この時期に加計学園獣医学部募集の全面広告を掲載した読売新聞の異様さ

本件はどこか取り上げるだろうと、自分はタカをくくっていたが、まさか日刊ゲンダイくらいしか大きく取り上げないとは、ちょっと意外としか言いようがない。 11/18(土)の読売新聞に、加計学園獣医学部の全面広告が掲載された件である。 加計学園獣医学部募…

森友学園問題に見る、政治から始まる国家のモラル崩壊

小池政権こそ生まれなかったが、以前このエントリーで書いた事態が、現在も進行中ということが改めて証明された。 www.po-jama-people.info 政治は時代の空気に影響され、時代の空気もまた政治に影響される。 政治から始まる国家のモラル崩壊が、全国に静か…

加計学園ツイへの反論に対し、まとめて反論する

昨日このようなツイをしたところ 「モリカケなんて国民は興味ねえんだよ。野党は労働者のためになることしろや」って、言ってて矛盾に気が付かねえの本当にすごいわ。加計学園にブチ込まれる百億円以上の税金、この金は何人の人間の生涯賃金に相当するんだろ…

あり得ない「加計学園認可の見通し」について

www.asahi.com ついにというか、認可される見通しとなった。衆議院選挙直後の特別国会は、当初の安倍内閣の目論見だと、11月8日までの超短期での開催だった。加計学園問題を年内はスルーさせるつもり満々だったことは明らかで、まさに、下記の記事に書いたと…