雑記(主に政治や時事について)

日々の雑感。政治色が高い目。

安倍晋三と君が代

10/16、大阪梅田で安倍晋三の選挙演説の際、バイオリンの伴奏により、聴衆が君が代を歌ったそうだ。

 


【衆院選】安倍総理 ごく自然に『君が代』歌いだす聴衆…大阪有権者は真の日本人の心意気を態度でしめした【街頭演説】

 


2017/10/16大阪梅田 安倍首相・中山泰秀候補選挙演説前の君が代演奏

 

君が代自体に対する忌避感は自分にはない。小学校の頃から歌詞もメロディーもちゃんと把握しているし、和洋折衷な旋律を持つ、面白い曲だと思っていた。また、自分が通っていた学校では、君が代斉唱で起立するだのしないだのという騒ぎについては、記憶している範囲ではなかった。

 

だが、この選挙の中で歌われる君が代は、いかにも異様に自分には映る。そして、この異様な状況を平然と受け止めている安倍晋三自民党にも、とても異様なものを感じる。

 

まず、君が代の「君」とは天皇のことである。すなわち、君が代とは天皇の治世が千代に八千代に続くことを祈る歌であり、国家の安寧を願う歌である。また、日本国の正式な国歌でもある。だから、国家的な行事であったり、国際的なスポーツイベントなどで歌われるものなのである。

 

で、当たり前なことを散々書き連ねたが、安倍晋三の演説における君が代である。これはただの選挙演説のワンシーンである。自民党のイチ議員の勝利のために、安倍晋三が応援に駆けつけた。ただそれだけのことのはずである。

で、当たり前のことをまた書くが、安倍晋三天皇ではなく、自民党も国家ではないのである。

 

なのに君が代。それを平然と受け止める安倍と自民党。その周りの聴衆。いつの間に日本はこんなにカルト臭い国家になったのか。

この君が代を好意的に受け止める連中の反応は、更にこうである。

 

 

 

なるほど。「呪文」や「魔除け」か。宗教なのだから、さもありなん。他の政党を支持するものは彼らにとっては邪教徒のたぐいなのだから、燃やされても当然ということなのだろう。

また、「妨害封じハート隊」というのは、ハートに「ガンバレ」と書かれたプラカードを掲げる、安倍応援団らしい。*1

f:id:po_jama_people:20171018224223j:plain

 

このハートマークなんて、俺には森田芳光の「ときめきに死す」で、宗教団体の信者が掲げた緑のハートマークの旗が連想され、一層カルト臭さを感じてしまい、もうお腹いっぱいである。*2

 

ときめきに死す Blu-ray

ときめきに死す Blu-ray

 

 

www.youtube.com

 

f:id:po_jama_people:20171018225719j:plain

 

こういうカルト臭さ、指摘する人いないのかなぁ……いたら自民党、こんなことになってないか。

 

創価学会を支持母体とする公明党も、まさか連立の相手が、安倍晋三を御本尊とする新興宗教が支持母体に変貌するとは、想像しなかっただろう。

 

宗教国家・安倍晋三真理国。日本全国の家庭に、安倍晋三の「御真影」を飾るよう強制する日も近いのかもしれない。

*1:森友学園のあとに「ガンバレ」とは、嫌がらせのつもりか? と一瞬勘ぐってしまったが、どうやら本気で応援しているらしい。

*2:原作は丸山健二の小説。丸山健二版と森田芳光版。ベースは同じだが、全く別と言っていいくらい違う作品だ。どちらも傑作なので、興味があったらぜひ見ていただきたい。